授与品

災い転じて福となす、運気隆昌の守り。

お札、お守りの授与は、当社境内授与所のほか、通信頒布(お電話、LINE、郵送での受付)にても承っております。

御朱印

御朱印が新しくなりました

御朱印が新しくなりました!

2022年4月より、御朱印のデザインを一新しました。
押印されている「大根」は、当社の拝殿にも彫刻されており、ご祭神の「五穀豊穣」のご神徳を象徴しています。五穀豊穣の信仰は「農業」からはじまりやがて「商工業」「安産」「学問」など、日々の生活の安泰と繁栄を願う信仰にも結びつきました。 根を太く・深く張るみずみずしい大根のように、皆さまの日々の生活にいっそう実りが生まれることを願っております。

御朱印をご希望の方は、お電話または当社LINE公式アカウントからご連絡いただけますと確実です。

詳しくは授与品のお頒かちについてをご覧ください。

期間限定御朱印

秋季限定朱印(見開き)
秋季限定朱印(見開き)
秋の限定朱印(見開き)
夏期限定朱印(見開き)
夏期限定朱印(通常)
七夕限定朱印(見開き)
七夕限定朱印(通常)
限定朱印(紫陽花)
特別朱印

通常御朱印

御朱印
御朱印(見開き)

お守り・お札

串間神社御神札_紙札

串間神社御神札

500円

当社の御神札です。神棚に納めてお祀りください。

一社造りの場合
一番手前に神宮大麻、次に氏神様、その後ろに崇敬している神社のお神札を納めます。
三社造りの場合
中央に神宮大麻、向かって右に氏神様、左に崇敬している神社のお神札を納めます。

串間神社木札

串間神社木札

500円

串間神社13柱の神様のご神徳をお分かちする木札です。紙札と一緒に神棚にお祀りください。ご自宅に神棚がない場合は、棚の上など目線より高く汚れにくい場所をお選びください。

受験合格御守(青・白)

受験合格御守(青・白)

500円

受験生の学業成就、身体健全の御守りです。
通学かばんと一緒にお持ちください。

御守り(赤・緑)

無病息災守

500円

多くの災いから身を守り、病気をせずに息災であることを祈念した御守りです。
常に持ち歩く事が望ましいです。

子供守

子供守

500円

お子さまの日々のご健康、交通安全の御守りです。
ランドセルなど通学かばんに付けてお持ちください。

厄除御守(紫・白)

厄除御守(紫・白)

500円

厄難消除を願うお守りです。また日々のご安全と運気の隆昌を祈願しております。
厄年の方は、こちらをお受けください。

学業成就守

学業成就守(青・赤)

500円

学力向上、目標達成の願掛け御守りです。

諸願成就守

諸願成就守

500円

「皆さま方の様々な願いが叶います様に」と祈念を込めた御守りです。
多くの願い事をお持ちの方はこちらのお守りをお受けください。

授与品のお頒かちについて

郵送にて


現金書留にて承ります。
ご希望の授与品名と数量、色を記入の上、
下記送付先までご郵送ください。

【送付先】
〒888-0013
宮崎県串間市東町12-10
串間神社 権禰宜 岩下 尊祐 宛

なお、ご不明な点がございましたらお電話にてお問い合わせください。

【電話受付時間】
午前9時00分〜午後6時00分
※繁忙期その他社務の都合などにより、電話受付時間内でも不在の場合がございます。予めご了承ください。


LINEにて

スマートフォンよりご覧の方は、当社のLINE公式アカウントへご連絡頂けますとお申込みが簡単です。

【LINEでのお申込み方法】

1,下部のリンクを押して、友だち追加

2,トーク画面よりメッセージまたは電話にて以下をご連絡ください。

・ご希望の授与品名
・数量
・色など
・その他ご要望

3,ご連絡を確認後にご返答、ご発送致します。
※繁忙期その他社務の都合などにより、ご返答にお時間をいただく場合がございます。予めご了承ください。

よくあるご質問

神事などにより神職が不在の場合があります。その際はお手数ですが、お電話もしくはLINEにてお問いあわせください。

社務所の前に「納札所」を設けておりますので、そちらへお返しください。
なお、お札、お守りなどの「神社授与品」以外のものはお納めいただけません。

神棚を設けていただく事が一番なのですが、住宅事情その他により難しい場合は、棚の上など目線より高く汚れにくい場所をお選びください。
また、お札の表面を”南”もしくは"東"に向けてお祀りいただき、お祀りする部屋の上に出入りする場所がある場合には、お札の上に「雲」と書いた紙を貼ります。

次の点に御配慮いただければ、問題ございません。

・神棚は、仏壇よりも高い位置にお祀りください。
・神棚と仏壇が向かい合わせにならないよう、お祀りください。

諸説ありますが、財布などに入れてお持ちになることをおすすめいたします。
「大吉か凶か」より、おみくじに書かれている内容を折に触れてお読み頂き、日々お役立てください。

Set up your own website with Mobirise